永遠 歌詞

歌:木山裕策

作詞:多胡邦夫

作曲:多胡邦夫

泣いてないと君は言う その答えが震えている
僕は何も言えないまま君を抱きしめた

約束出来る未来なんてたった一つも見せられない
こんな僕なんてきっと君に似合わない
なのにどうして楽しそうな笑顔で側にいてくれるの
何故僕なんだろう?きっと答えは無いんだろう

怖くないと君は言う 怖くないわけないのに
未来の無い僕等は今 現在(いま)を抱きしめた

時代の所為にしたくはない
だけどどうにもならない事ばかりで
嫌になっちゃうよ ずっと変わらないのかな

これでいいと君は言う これでいいわけないのに
何も望まないって言うから僕は嬉しい 苦しい

暮らしに追われたって少しくらい夢みて愛を語ってもいいよね
そんな事さえ忘れてた暗がりに光をくれた

だから君に今日は言うよ 永遠の愛を誓うよ

泣いてないと君は言う その答えが震えている
無防備な君を僕が守るよ未来も無い二人が今 永遠(とわ)を抱きしめた
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
ユメミルブリキ

歌:天月-あまつき-

名もない街の片隅で 響く鐘の音 壊れた ...

木山裕策の人気歌詞
home

晴れ渡る公園で不意に僕の手を握り返した ...

イルミネーション

街を歩けば何時もと違う賑わった空気 あ ...

ありがとう

あの日君にもらった大切な宝物は「ありがと ...

桜並木

さくら舞い散る並木道を歩くそのたび思い出 ...

家族になろうよ

「100年経っても好きでいてね」 みん ...