桜並木 歌詞

歌:木山裕策

作詞:多胡邦夫

作曲:多胡邦夫

さくら舞い散る並木道を歩くそのたび思い出される
あれから僕は数え数えて何時大人になったのだろう

人に流され人の愛に支えられ生きるという意味を知りました

何度も何度も振り返り不安そうな顔してアナタの両手を離したあの日
きっと何度も何度も繰り返し小さくなった手をとって
歩く日が来るのでしょう 桜並木を

今に思えば心配ばかりかけてきたような蒼い道程
アナタにとって胸を張れるような場所に僕は立ってますか?

出逢いと別れ幾つもの場面があり生きるという痛みも知りました

何度も何度も迷ったり無闇に傷ついて悲しみに崩れそうな時でも
ずっと何度も何度も言っていた「思いやり」は忘れずに
生きて来たこの胸に愛は咲き誇っています

淡いピンクの美しい花びらがひらひらと今落ちていく

何度も何度も振り返り不安そうな顔してアナタの両手を離したあの日
きっと何度も何度も繰り返しアナタの愛の尊さと伴に
歩いています 桜並木を
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
NAO

歌:HY

あなたの声があなたの顔が忘れられなくて ...

木山裕策の人気歌詞
home

晴れ渡る公園で不意に僕の手を握り返した ...

イルミネーション

街を歩けば何時もと違う賑わった空気 あ ...

永遠

泣いてないと君は言う その答えが震えてい ...

ありがとう

あの日君にもらった大切な宝物は「ありがと ...

家族になろうよ

「100年経っても好きでいてね」 みん ...