世界中の誰よりきっと 歌詞

歌:中西保志

作詞:上杉 昇

作曲:織田 哲郎

まぶしい季節が 黄金(きん)色に街を染めて
君の横顔 そっと包んでた
まためぐり逢えたのも きっと偶然じゃないよ
心のどこかで 待ってた

世界中の誰よりきっと 熱い夢見てたから
目覚めてはじめて気づく つのる想いに
世界中の誰よりきっと 果てしないその笑顔
ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも

言葉の終わりを いつまでも探している
君の眼差し 遠く見つめてた
そう本気の数だけ 涙見せたけど
許してあげたい 輝きを

世界中の誰よりきっと 熱い夢見てたから
目覚めてはじめて気づく つのる想いに
世界中の誰よりきっと 果てしないその笑顔
ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも

世界中の誰よりきっと 優しい気持ちになる
目覚めてはじめて気づく はかない愛(ひかり)に
世界中の誰よりきっと 胸に響く鼓動を
ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも

ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも
中西保志の人気歌詞
最後の雨

さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆け ...

Another Rain

「ごめんね」それだけしか 言えずに雨を ...

LAST CALL

「淋しくてもう 耐えられないの」 受話 ...

愛しかないよ

何もない男だけれど 愛していいかい 臆 ...

涙のキッス

今すぐ逢って見つめる素振りをしてみても ...