半分だけの愛 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

あなたは弱虫。
いつもこうして向き合ってるのに
壁に掛けた絵画のよう 何も言わない

その瞳の中
映る私は誰かの身代わり
「まだ過去を見つめているの?」 返事は聞けなくて

半分だけの愛 もう半分はどこを彷徨う
褪せたその絵から抜け出して こっち向いて微笑んで

届かぬものほど
綺麗に見えて手に入れたくなる
星を掴むようなこと 解かってはいるけれど

半分だけの愛 もう半分はどこを彷徨う
揺れる気持ちに戸惑っても さよならは選べないよ

あなたはいつも左手で こうして頭を撫でる
その空いた右手は 今でもあの人を探しているの?

全部欲しいよ 全部が欲しい 本当は
いつか両手で強く強く 私だけを抱きしめて
半分だけの愛 もう半分はどこを彷徨う
褪せたその絵から抜け出して こっち向いて微笑んで
私だけに微笑んで

「あなたは弱虫。でも、愛してる。」
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...