誰も知らない 歌詞

歌:諫山実生

作詞:松井 五郎

作曲:諌山 実生

砂色に溶ける街
翼を忘れた鳩の群れ
声のない人の波
二人だけが影になる

枝の先すがる葉を
ふいに散らかした向かい風
時はただ過ぎてゆく
未来まで 奪いながら

きっとおんなじ幸せは二度は来ない
なにをすれば 記憶たちは 報われるのでしょう

※どれほどあなたを
好きでいたか誰も知らない
心はいまでも 花をつける
こんなに※

手のなかの指の感触(あと)
握りしめていたはずなのに
求めれば消えるもの
さみしさが息をしてる

読みもしないで捨てられた本の続き
もっと違う 物語が あるのだとしても

どれほど二人が
好きでいたか誰も知らない
夢の向こう側 残る陽ざし
あんなに

はじめからふたり
まるでここにいないように
なにも変わらない 空が巡る
あんなに

(※くり返し)
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...