涙の向こうへ 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諌山 実生

作曲:諌山 実生

君のいない日曜日 目を覚ますと外は雪
昨日終わらせた恋の傷跡にそっと積もる

今まで 些細なことで何度も喧嘩したけれど
朝になればもとどおり でも今度はいつもと違う

Ah 掛け違えた心のボタン
もっと早く気付いてたなら… 今頃腕の中

今日は髪を切りに行こう 肩よりもずっと短く
街で偶然逢っても私だとわからないくらいに

Uh ヴェールのように舞い降る雪
窓ガラスに儚く消えた ふたりの恋みたい

このまま 今は泣かせて
思い出を片付けるために

Ah コートを脱ぐ季節が来て その頃には
笑えるようになりたい ひとりでも

君のいない日曜日
きっと 涙の向こうへ
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...