春 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諌山 実生

作曲:諌山 実生

菫の咲く小道 手を引かれて歩く
あの頃の温もりが 胸に戻る
春が来たら 家を出ると打ち明けた日
黙ってそっと 背中を押してくれた

今まで一度だって思いもしなかったけど
あなたが居ることがこんなにも
心強い事 嗚呼 やっと分かった

雪解けの始まる この町を離れて
車窓に映る 夢の扉開けた

変わってゆく景色に戸惑う私がいる
自分で決めた事なのに 何故
悲しいのだろう… 嗚呼 寂しいのだろう…

いつもと同じ様に 見送る愛しい人よ
あなたが見守ってくれるから
今がある事 嗚呼 忘れないから

どんな時にもずっと信じていてくれた
その眼差しに抱かれて 私は巣立つ
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...