冬の午後 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

白い息を包み込む 高い空
自転車に乗って 君の着く駅まで

はやる胸の鼓動に気付いて 笑った冬の午後

誰かが声掛けても うわの空
この橋渡って 坂道を降って

海から吹く風に身を任せ 走った冬の午後

もうすぐだね 君と会える ずっと待ってたこの日を
カレンダーに残るときめき 溶けてゆく涙の跡

幼い頃 どんな時も傍で守ってくれた人

もうすぐだね 君と会える ずっと待ってたこの日を
乱れた髪そっと直して 振り向く先には

ホームに立つ見慣れた顔 あの頃と変わらぬ君
胸に秘めた熱い想いを 今日こそ伝えよう 君に
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...