竹田の子守唄 歌詞

歌:諫山実生

作詞:京都府民謡

作曲:京都府民謡

守も嫌がる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし
盆が来たとて 何うれしかろ かたびらはなし 帯はなし
この子よう泣く 守をばいじる 守も一日 やせるやら
はよも行きたや この在所越えて 向こうに見えるは 親のうち
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...