撫子の華 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

僕が生まれたこの町にも 桃色の花が咲きました
今年は少し早咲きだと 行き交う人は言っています

海鳥の唄よ あの島へ 風に乗せ 想いを運んでよ
独り泣いていたあの花を 守れず未来手放した

友よ 友よ 今どこにいる?
遠き日々に別れを告げ
友よ いつも 今も願うよ
幸せであるようにと…

待ち続けた再会も 終わりを悟(し)るための口実で
分かっていたけど どうしても新しい日々が 甦る

ネオンで紅く染まった空 この空だけ繋がっている 今でも…

友よ 友よ 今どこにいる?
遠き日々に別れを告げ
友よ いつも 今も願うよ
幸せであるようにと…

友よ 友よ 最後に一つ
独り言を聴いて欲しい
僕も 一歩ずつ歩き出す
変わりゆく この空へと
幸せであるようにと…
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...