SAYONARA 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

寝付けないよう FMラジオ 微かに流れる
二人並んで 明けてゆく空を眺めた
あの頃 胸を締め付ける…

居残ってる この熱も
携帯のメモリーみたいにボタン一つで消せたなら

なぜ私の側から 離れていってしまうの?
さよならの街 泣き疲れて
足跡残した青いサンダルが駆けてく気がした

夏の庭先 秋の公園 冬の風 春の道
一度に思い出すのが忙しいくらい
静かに アルバム閉じた…

涙溢れて 止まらない
幾千の微笑む記憶が泣き叫ぶ 迷子のように

なぜ?「独りにしない」と言ってくれたじゃない!!
優しくなれる腕の中で
初めて出会えた人だったから信じていたかった

「来年もまた来ようね」
出来ない約束しないで!!

なぜ私の側から離れていってしまうの?
さよならの街 泣き疲れていってしまうの?
足跡残した青いサンダルが駆けてく気がした

「独りにさせない」あの時 言ってくれたじゃない!!
優しくなれる 腕の中で
初めて出会えた人だったから 信じていたかった

孤独にしないで…
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...