アオイトリ 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

小さな足跡 風に吹かれて消えた
夢を見失い立ち止まる 旅の途中で
鳥かごを抜けて 自由を手に入れたのに
どうして私は 今もまだ迷っているの?

雨音に消えゆくその声を追いかけた
もしも叶うなら すぐに逢いたい…

行かないで これ以上遠くへ行かないで
響き渡る歌が 貴方聴こえるでしょう?

知らず知らずに ここまで歩いてきた
悪戯な時は 私の心惑わせる
待ちぼうけ 迷子になった子供のように
どんなに探しても 見つけられない

届かない空に アオイトリ飛び去ってゆく
錆び付いたこの胸 通り過ぎるように
寂しさの海に 沈みゆく白い花は
いつの日も貴方に 想い寄せるのでしょう

いつまでも 歩いて行く道は遠いけど
独りで飛べるように 強くなりたい!!

行かないで これ以上遠くへ行かないで
離れたくないのは「ワタシ」だったみたい
ゆっくりと翼を 目を瞑り広げてゆく
忘れてた飛び方 やっと思い出すの
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...