六月のうた 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

束の間の夢の中 笑ってる貴方がいた
このまま目覚めなくていい

足音立てずにそっと近づく 懐かしい出逢ったあの時間(とき)
目を閉じても開いてくページ

見慣れた壁の色 止まった時計も
すべてあの日のまま どうしてそんなに優しく撫でるの?

Ah 私から アナタがいなくなったならいいのに
耳に残る声 腕のぬくもり すべて解き放て

“さよなら”って手を振った 平気だって思ったのに
どうして涙が出るの?

キライじゃないなんて あやふやにしないで
最後の最後まで イイヒトだなんて そんなのズルイよ

あとどれくらい 眠れずに朝を迎えたらいいの?
あとどれくらい 涙流せば思い出になるの?

取り残されたように 動けなくなった
鳴り響くあのコトバ しつこい六月のこの雨のように

もうこれ以上 私の時間に顔を出さないで!!
顔杖つく癖 見え透いててもつくウソ
触れる指先 帰りのキス“おやすみ”のワンコール
耳に残る声 腕のぬくもり すべて解き放て
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...