みかえり富士 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず唄平

作曲:船村徹

顧(かえり)みて想うのは
花咲く春の富士の山
頂(いただき)の雪拝み
志立てたというひとの
節榑立(ふしくれだ)った あの手と怒り肩
想い出すんだ 武骨な 我が祖父を

妻よ子よ 友輩(ともがら)よ
一度は見ろよ 富士の山
ほとばしる青春の
全て懸け生きたというひとの
時代と夢と厳しい人生を
無駄にゃしないぞ この先 いつだって

旅立ちの朝まだき
みかえり仰ぐ富士の山
あの姿 鑑(かがみ)かな
日本の誉れというひとの
ブラジル目指し 乗り込む移民船
何度聞いたか その名は笠戸丸(かさどまる)
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...