花ノ咲ク星 歌詞

歌:諫山実生

作詞:志倉千代丸

作曲:志倉千代丸

自分だけの世界のドアに カギをかけてたあの日なら
時に、不意打ちな優しさも 受け止められずにいたでしょう

微笑に隠された意味も 戸惑い、立ち止まる事も
ただ、傷つくのが怖くて その全てを遠ざけた

過ぎゆく日々 僅かな証明 キミがキミで在るために

この大地が 教えてくれた
置き去りの心、確かな温もり、
失くしかけたその全て

花ノ咲ク星-
月夜の真ん中に浮かんでる ちっぽけなこの存在

途方に暮れる永久の愛が 迷いさえ包み込むよ
目の前にあるような ささやかな幸せに気付いた時

「Treasure in my life」 いつの日か
見失いかけてたその何かが 鮮やかに変わる

曖昧な明日の輪郭が 不安にさせていた頃は
下を向いたままの気持ちが 触れぬようにすり抜けた

小さすぎた声を探した ボクがボクで在るために

空と海を 染める青さが
誰かの想いを、繋いでゆくような、
目に見えないそのチカラ

花ノ咲ク星-
一片の風には気持ちまで 運ぶような力があり

次の誰かを巡る頃は さりげなく髪を揺らした
優しさのヴェールに 包まれた特別なこの場所なら

「Treasure in my life」 未来へと
描きかけてたその夢さえ 銀の風になる

花ノ咲ク星-
月夜の真ん中に浮かんでる ちっぽけなこの存在

途方に暮れる永久の愛が 迷いさえ包み込むよ
目の前にあるような ささやかな幸せに気付いた時

「Treasure in my life」 いつの日か
見失いかけてたその何かが 鮮やかに変わる

次の誰かへ...
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...