永遠の都市へ 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山尚

作曲:霜月はるか

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて
まばゆく広がる 永遠の都市 めざして

「こぼれる陽光が暖かいのは そう あなたの優しさに
似ているから」

耳に残る 君のささやき声
風に攫われ 両手の花 散らす

もう一度 出逢えたら
地図には載らない街へ行こう

さまよい歩いた
ラビリンスを抜けだして

ここから旅立とう 再び重なる季節信じて
まばゆく広がる 二人の果て 彼方へ

「水鳥が飛び立ったあとの湖にね
羽根だけが 残されると寂しい」

耳に残る 君の哀しい唄
風を喚び出し 世界の音 散らす

もう一度 出逢えたら
刻まれた疵が癒えるように

祈り捧げよう
薬指にくちづけて

それから旅立とう 地図には載らない街へ行こう
鏡に映った 楽園の果て 彼方へ

一緒に探したい 君としずかに眠れる場所を
約束交わした 故郷の森のように

ここから旅立とう 再び重なる季節信じて
まばゆく広がる 永遠の都市 めざして
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
向かい風に打たれながら

歌:茅原実里

迷いのなかで だんだん大きくなる心の叫 ...

少年、グリグリメガネを拾う

歌:筋肉少女帯

少年 少年 グリグリメガネ拾う 見えな ...

宙船(そらふね)

歌:中島みゆき

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆ ...

NEVERLAND

歌:橋本みゆき

雨降るバスでお出かけしても あなたは不 ...

自転車に乗って

歌:高田漣

自転車にのって ベルをならし あそこの ...

光の旅

歌:影山ヒロノブ

銀河の海の中のその一つで 光が生まれ ...

夢の舟乗り

歌:ヒデ夕樹

子供の頃は空を飛べたよ 草に寝ころび ...

何処へでも行ける切手

歌:筋肉少女帯

怯えた男は 許しを乞うように うつろ ...

霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...