蒙古の旅(蒙古放浪歌) 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:村岡 昊(PD)

作曲:園山 民平

心猛くも 鬼神ならぬ
人と生まれて 情はあれど
母を見捨てて 波越えて行く
友よ兄等と いつまた逢わん

海の彼方の 蒙古の砂漠
男多恨の 身の捨てどころ
胸に秘めたる 大願あれば
生きて還らん 望みは持たぬ

砂丘出でて 砂丘に沈む
月の幾夜か 我らが旅路
明日も河辺が 見えずばどこに
水を求めん 蒙古の砂漠

朝日夕日を 馬上に受けて
続く砂漠の 一筋道を
大和男子の 血潮を秘めて
行くや若人 千里の旅路
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...