東京詩集 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:佐伯 孝夫

作曲:吉田正

(セリフ)六月十日 雨運河のほとりで

雨 雨 雨 誰の涙かしめやかに
黒い運河に雨がふる
恋は男をこんなに泣かす
きみを抱けばきみを抱けば
ああ 涙ふる

(セリフ)
十月四日 霧 夜の酒場で

霧 霧 霧 いうにいえない淋しさに
もらす吐息か 窓の霧
逢えばつらさも 忘れるものを
グラス冷たい グラス冷たい
ああ カウンター

(セリフ)
十二月六日 風 枯葉散る夕べ

風 風 風 並木道吹く今日の風
恋も枯葉と散らしゆく
哀し詩集の表紙のように
空は灰色 空は灰色
ああ 凍え空
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...