名もない男のブルース 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:宮川 哲夫

作曲:吉田正

何も知らずに 咲いてた頃が
俺にゃいちばん 花だった
夢を見ながら 飲む酒ならば
なんでにがかろ 今のように
想い出してる カウンター

何処へ消えたか おんなの娘さえ
今日は見知らぬ 顔ばかり
うしろ向かずに ただ前向きに
生きていたっけ あの頃は
明日がくるのが 嬉しくて

せめて云いたい でっかいことを
言葉ばかりで 終っても
酔いのまわらぬ グラスを重ね
ぎゃくに淋しく なるばかり
誰のせいでも ないけれど
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...