弥太郎笠 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:佐伯 孝夫

作曲:佐々木 俊一

「や」の字育ちの 弥太郎さんに
誰がきせたか 三度笠
いいじゃないかえ 一天地六
狭い身巾の 旅がらす

惚れちゃいけない 我慢をおしな
惚れりゃ相手を つらくする
なまじ小意気に 別れたせいか
野菊見てさえ おもい出す

草は一秋 人一生の
ままよ短い この命
張るも意地なら 勝目の背に
なぜに淋しい 山の鐘
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...