花祭りの娘 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山 尚

作曲:岩垂 徳行

青い空の果て 朱に暮れる雲
立ち上る煙が 収穫の合図

大門の路地から 荷車軋ませ
新しき実りを 街へともたらす

花の祭り始まるまでに
髪飾り編んで 君に贈ろう

夕陽が落ちたら 外へ出ておいで
宵の帳が 街を守り迎える

まだ知らぬ人と 笑いを交えて
分け合おう 木の実と恵みの杯

花びら浮かべて傾けた
果実酒は朧(おぼろ)に明日を見せる

想いの数だけ 人は火を灯す
ささやかな幸せを温めるため

出会いの数だけ 人は輪をつくる
満たされぬ命を足し続けるため

この夜を称え合いながら
賑やかな楽に乗って踊ろう

籠を天高く掲げ 花を降らせる習わし
薔薇が選んだ娘は 永久に恵み授かる

喜びの数だけ 両の手を叩こう
生きている この時間を 確かめるため

祈(ね)ぎ事の数だけ 歌を唄い上げよう
瞬いた星々にも 願いを掛けて

夜更け 微睡みかけた君が
紡ぐ夢で未来の機織り
どんな色に染めていくのか
花の祭は まだ終わらない…
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...