真実の炎 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山 尚

作曲:霜月 はるか

沈む陽に絡み落ちた繭(まゆ)の
白き灰は朽ちて 旋風(かぜ)に纏(まと)わる

終わらぬ宿命(さだめ)の環から
逃れる術を探り

石の牢に映る影は伸び
刻を悟り 塔の鐘を響かす
正邪を見定める正義の為に
如何な犠牲を伴えども

木陰に守られぬ生命(いのち)を 世界が要らぬというならば
自ら立ち上がり 今こそ真実の炎を放て

巡り燃え尽きれば
消え去るは偽りの花弁
残るは「永遠の恵み」の実
本質を目指せ

夜の森に操られた夢
紅き蝶は踊り 旋風に纏わる
終われぬ宿命の環から
虚ろな未来(あす)を覗き

果てしなき闘いの最中(さなか)に
刻を報らせ 塔の鐘は鳴り止む
生と死別ちた嘆きと共に
木々が怒りを顕しても

木陰に守られぬ生命を 世界が要らぬというならば
自ら立ち上がり 今こそ歴史の歪みを正せ

女神に愛されぬ我等を 世界が捨てるというならば
恐れず立ち上がり 今こそ真実の炎を燃やせ
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...