枯れた大地へ続く途 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山 尚

作曲:霜月 はるか

夜風(かぜ)の音(ね)に紛れ 流れ着く少女(きみ)の想いを
含み溶く森の意識が 途を(枝を)歌い(葉を)繋げる

錆び付いた鍵に はまらない正義(こたえ)合わせて
無理やりに枷を外した 真実(まこと)(空に)隠し(地に)さまよい

思い遣らずに求め過ぎるのならば 何も照らせないだろう
手に入れた幸せも実りも すぐに褪せるから

哀しみは憎しみへ続く 命の足跡
人(ぼく)はただ歩くだけで罪を繰り返す

淀みいく夜空(そら)に 微笑んだ少女(きみ)の強さを
燻(くゆ)らせる森の意識が 雨を(風を)胸に(火を)降らせた

言葉交えず炎(つるぎ)を振るうのならば 何も遺せないだろう
荒れ果てた焼け跡(きずあと)も世界も やがて消えるから

憎しみは争いへ続く 命を焦がして
人(ぼく)はただ望むだけで罰も抱え込む

枯れた大地は哀しみへ続く ARIAの溜息
人(ぼく)はただ生きるだけで罪を繰り返す

霜月はるかについて

女性シンガーソングライター。
枯れた大地へ続く途 のCD・楽譜
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

カザハネ

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影 ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

今夜の月が眠るまで

さやかに晴れ初(そ)めた夜空を 見上げた ...

想いのカナタ

遠く広がる空を見上げて 流れる雲を掴む ...

風の理

降り始めた雪 踏み鳴らしては ずっと時間 ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Startup

無限の世界飛び越えて 出逢えた奇跡 さ ...

透明シェルター

止まってゆく心が なつかしい思い出を奪 ...

追憶の破片

繰り返す日々に その希望探すの 震え ...

少女の薄明

朝(あした)の見えぬ夜 繰り返し  ...

箱庭ロジック

見下ろせば巡る街 入り組んだ迷路のよう ...

緋色の薔薇

Rem le she la Malice ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...