浅野川恋唄 歌詞

歌:松原健之

作詞:五木寛之

作曲:山崎ハコ

暮れてゆく 北の街
なつかしい金沢
浅野川 流れにうかぶ
思い出の かけら
梅の橋から 東を抜けて
あなたと渡る 仲之橋
鏡花のお芝居みたいね、と
ふたりで笑った あれは遠い日

ふりむけば 主計町(かずえまち)
雨模様 金沢
浅野川 瞼に浮かぶ
滝の白糸
天神橋から 大橋見れば
戻らぬ恋の 糸車
鏡花の芝居じゃないだろ、と
あなたに言われて 泣いた雨の日

みぞれ降る 夜の町
しみじみと 金沢
浅野川 白く流れて
まだ春は 遠い
橋をかぞえて 川辺をゆけば
逢いたい気持ちが つのります
鏡花の世界に あこがれて
いのちを燃やした あれは若い日
松原健之の人気歌詞
もし翼があったなら

もし 孤独を感じたら もし こころが乾 ...

冬のひまわり

夏の光に咲く花よりも 季節はずれの花が ...

ふるさとの空遠く

たえまなく 流れる歌は あの日の 母の ...

金沢望郷歌

桜橋(さくらばし)から 大橋みれば 川 ...

愛のうた

愛のうた ききたくて 風に吹かれ 旅に ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小 ...

思い出の街

地下鉄の駅から五分 学生時代の街へ来て ...