恋夜(れんや) 歌詞

歌:フランク永井

作詞:佐伯 孝夫

作曲:吉田正

(セリフ)小さな酒場の帰りだった。
いつか寄せ合っていた
二人の肩に、夜霧が降っていた。
可愛かった、可愛かったんだ。
街角へきた。別れられなかった。はなせなかった。

たまらなくって いとしくて
何にも言わず 口づけた
可愛い唇に 残ってた
エンゼル・キッス 桃色の
ああ たった一度の 恋の夜

(セリフ)あなたは泣いていた。
「ごめんよ」と云えば「いいの」と、
あなたは云ってくれた。

でも、「好きよ」とは
云ってくれなかった。

忘れられない いまもなお
あなたの甘い 唇が
薄紫に 霧ふれど
さよならさえも 言わないで
ああ どこへ消えたか 恋の鳥

恋に悲しく 身をまかせ
流され泣いて 街ゆけど
酒場のドアはひらくのに
エンゼル・キッス あの女
ああ たった一度の 恋の夜
フランク永井の人気歌詞
大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

小さな喫茶店

それは去年のことだった 星のきれいな宵 ...

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...