冬子という女 歌詞

歌:フランク永井

作詞:佐伯 孝夫

作曲:吉田正

冬子は冬子は 昔を言わない
こころの奥を 誰にも見せない
思いこがれて 燃えているのに
ああ ああ冬子は
冬子は雪より静か冷たい

冬子は冬子は どこから来たのか
夢みた頃も あっただろうに
星のない夜 かくれ泣いても
ああ ああ冬子は
冬子は涙を人に見せない

冬子は冬子は ひとりで生きてる
ときどきそっと 微笑むけれど
何んの花やら すぐに散りゆく
ああ ああ冬子よ
冬子よ雪ならとけよ わが手に
フランク永井の人気歌詞
大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

小さな喫茶店

それは去年のことだった 星のきれいな宵 ...

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...