浪花の月 歌詞

歌:北見恭子

作詞:菅 麻貴子

作曲:幸斉 たけし

今日の飯(めし)より 明日(あした)の夢や
それがあんたの 口癖やもの
その夢一緒に また追いかけて
肩を並べた 戎橋(えびすばし)
あんたそびえる 通天閣や
私 寄り添う 月になる

何は無くとも ふたりをつなぐ
銭じゃ買えない 心の絆
想い出映した 道頓堀の
川に捨てたい 苦労でも
背負(しょ)って行きましょ あんたとならば
空に ひとひら 春の月

両親(おや)を泣かせて 一緒になって
汗と涙の 路地裏住まい
明日(あす)こそ必ず いい日と言うが
今のあんたも 一番や
ほろり「ほ」の字の 浪花の空に
今日も 綺麗な 月が出る

北見恭子について

小学校3年山形放送「花の民謡相撲」ラジオコンテスト入賞。高校2年山形放送「ミス民謡コンクール」優勝。 昭和48年 「夏の夜祭り」でコロムビアよりデビュー 。昭和54年 作曲家船村徹先生に師事以来漁船海難遺児チャリティー活動を続ける。 昭和60年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞受賞。 平成2年 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」受賞 。平成5年 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞 。 平成10年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝
浪花の月 のCD・楽譜

北見恭子の人気歌詞
紅の舟唄

この舟が 酒田港に 着くまでは わたし ...

さみしがり

男ぎらいを 通せるもんか 私の女が 愚 ...

夫婦ちぎり

あなたひとりの からだじゃないと 俺を ...

浪花夢あかり

思い通りに すらすら行けば おもろうな ...

石に咲く花

雨の小さな ひとしずく‥ 石のくぼみに ...

夫婦ちょうちん

夫婦ちょうちん 浮世の風も 今年ばかり ...

六十里越え

霧が深くて 月山が見えぬ 山がみえなき ...

女の旅路

辛い浮世の 迷い川 浮いて沈むは 世の ...

博多夜雨

帰っちゃいやよと あなたの背中 縋(す ...

あなたが帰る港町

青い波止場に 汽笛も高く 船が近づきゃ ...

おんな船唄

船が出る日は 指までやせる 「可哀想に ...

おんなの春

一度吹雪けば 三日は止まぬ 胸の隙間に ...

こころ妻

あなたの残した 吸い殻を かぞえる女に ...