朝陽の中で微笑んで 歌詞

歌:諫山実生

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

朝陽の中で微笑んで
金のヴェールのむこうから
夜明けの霧が溶けはじめ
ざわめく街が 夢をさます

朝陽の中で ふりむいて
どうぞ その手をさしのべて
薔薇の色さえ うつろわす
時の流れが とてもこわい

宇宙の片隅で めぐり逢えた喜びは
うたかたでも 身をやつすの

朝陽の中で 抱きしめて
形のない愛を包み込んで

カード一枚 ひくように
決まるさだめが とてもこわい

宇宙の片隅で つぶやき合う永遠は
幻だと 知っていても

朝陽の中で微笑んで
形のない愛を つなぎとめて
つなぎとめて つなぎとめて
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...