恋人形 歌詞

歌:牧村三枝子

作詞:山田 孝雄

作曲:柳田 光義

昨日まゆみが 町を出た
今日は私が 町を出る
声にならない サヨナラを
汽車の汽車の窓から 捨てながら

じゅん子も言ってた
新宿は 夢が住んでる 街だよと
無理ね私の 性分じゃ
何故か何故か幸せ 握めない

誰も知らない 人ばかり
よそみしている 人ばかり
逃げて行くのは つらいけど
駄目に駄目に成るのが こわいから

夢にありつく 近道は
母の待ってる 故郷か
明日帰ると 電話して
汽車を汽車を待ってる 寒い朝
牧村三枝子の人気歌詞
みちづれ

水にただよう 浮草に おなじさだめと ...

室生寺

どうしていいのかわからぬままに すがり ...

友禅流し

雪はまだ 河原に白く 指を切る 水のつ ...

樹氷の宿

明日の別れを 知りながら 命のかぎり ...

いち抜けた

※やってられない やってられない や ...

明日川

誰かは 誰かを 橋のたもとで 何故待つ ...

若狭の宿

風の音にも やせて行きます お酒並べて ...

夾竹桃

風邪にたおれた おまえの寝顔 夢で泣い ...

冬仕度

あゝ肩を抱く 腕のちからで 冷えてゆく ...

あなたの妻と呼ばれたい

お酒のしずくで つづけて書いた おなた ...

赤提灯の女

さいはての 赤提灯に 身を寄せる 明け ...

恋女房

「今度生まれかわったら あんたの女房に ...

夫婦きどり

抱けばそのまま 腕の中 とけて消えそな ...

ともしび

男の旅より 女の旅は どこか絵になる ...

極楽トンボ

お酒が強くなったのは あなたが いなく ...