雨の中の二人 歌詞

歌:橋幸夫

作詞:宮川 哲夫

作曲:利根 一郎

雨が小粒の真珠なら
恋はピンクのバラの花
肩を寄せ合う小さな傘が
若いこころを燃えさせる
別れたくないふたりなら
濡れてゆこうよ 何処までも

好きとはじめて打ちあけた
あれも小雨のこんな夜
頬に浮かべた 可愛いえくぼ
匂ううなじもぼくのもの
帰したくない君だから
歩きつづけていたいのさ

夜はこれからひとりだけ
君を帰すにゃ早すぎる
口に出さぬが思いは同じ
そっとうなずくいじらしさ
別れたくないふたりなら
濡れてゆこうよ 何処までも

何処までも 何処までも…
橋幸夫の人気歌詞
子連れ狼

「小高い丘の城跡のくずれかけてた東屋で ...

恋のメキシカン・ロック

メキシカン・ロック ゴーゴーゴーゴー ...

この世を花にするために

若いいのちは誰でもおなじ 空と海とが好 ...

故郷の花はいつでも紅い

この土手道は 自転車を ならべて学校へ ...

江梨子

冷たい雨が 降る朝に 一人で江梨子は死 ...

霧氷

霧氷 霧氷 思い出は かえらない 遙 ...

喧嘩富士

富士は白雪 この雪化粧 江戸から見てい ...

沓掛時次郎

すねてなったか 性分なのか 旅から旅へ ...

潮来笠

潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 薄情そ ...