それはぼくじゃないよ 歌詞

歌:大滝詠一

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

茜色の朝焼け雲 ひとつ千切れて
ほころんだ空に 夢が紡がれる
ほっぺたの紅を 溶かしながら
きみは眠っている とても気持よさそう

まぶしい光のなかから のぞきこんでいるのは
それはぼくじゃないよ それはただの風さ

ぼくはきみの胸のなかに 顔をうずめて
朝の物音に 耳をすましてる

うす紫の湯気がゆれる コーヒーポットに
つぶやき声が かすかに かすかに
きみの髪がゆっくりと 翻ったら
ぼくは林檎の においでいっぱいさ

まぶしい光のなかから のぞきこんでいるのは
それはぼくじゃないよ それはただの風さ

風あかりできみは お化粧 忙しそう
ぼくもついでに 欠伸をひとつ Woo…
大滝詠一の人気歌詞
恋するカレン

キャンドルを暗くして スローな曲がかか ...

幸せな結末

髪をほどいた 君の仕草が 泣いているよ ...

さらばシベリア鉄道

哀しみの裏側に何があるの? 涙さえも氷 ...

君は天然色

くちびるつんと尖らせて 何かたくらむ表 ...

夢で逢えたら

夢で もし逢えたら 素敵なことね あな ...

カナリア諸島にて

薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべ ...

ペパーミント・ブルー

眠るような陽を浴びて 君はブロンズ色 ...

バチェラー・ガール

雨はこわれたピアノさ 心は乱れたメロデ ...

青空のように

ニコニコ顔 しかめっ面 君はお天気屋さ ...

スピーチ・バルーン

細い影は人文字 海の背中に伸びている ...

雨のウェンズディ

壊れかけたワーゲンの ボンネットに腰か ...

夏のリビエラ

If you see her Won't ...

オリーブの午后

青い葡萄を口に投げ入れたら 海に浮かぶ ...

空飛ぶくじら

街角に ぼくは ひとり ぽつんと 佇ずみ ...

恋するふたり

春はいつでも トキメキの夜明け 奏でる ...

夏のペーパーバック

渚に吹く風が涼しすぎるね プールサイド ...

フィヨルドの少女

氷河がきらめいている 夜明けの色をちり ...

ナイアガラ・ムーン

霧に覆われたナイアガラの月 佇む二人 ...

楽しい夜更し

気の合う仲間集まりゃ 楽しいよ すぐに ...