男の真夜中 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:中山 大三郎

作曲:久我山 明

男はときどき 夜更けになると
過去へと 旅することがある
グラスに残した 氷をゆすり
やさしい女へと 逢いに行く
黒い瞳よ 白いうなじよ
紅いくちびる 細い指先

あんなにふるえた あんなに泣いた
どうして 別れてしまったの
すべてを投げだし いのちを賭けて
愛したはずの 女なのに
髪のかおりよ 胸のぬくみよ
耳をくすぐる あまい言葉よ

酒場の片すみ タバコをつけて
ぼんやり煙を 追いかける
だれよりすてきな 恋人がいた
ゆられて ゆれて 逢いに行く
酒は男の ざんげなのかい
バラのかおりよ 夢の星くず
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...