Stardust Memories 歌詞

歌:小林明子

作詞:秋元康

作曲:小林明子

まるで 夜の星が 降って来たみたいに
白い雪の砂が 街にこぼれている
あなたに おやすみと言ってから
初めて イヴが近づいた

風に紛(まぎ)れながら 遠いジングルベル
冬の恋人達 そっと肩を寄せる
1人になりたいと 泣いた夜
あなたを 愛で傷つけた

I'm in the stardust memories
こわれた恋の
I'm in the stardust memories
ハートのかけらが
I'm in the stardust memories
輝やいている
Stardust stardust
Stardust

次のイヴの夜は電話 待っていると
あの日 キスしながら たしか約束した
いつもの チャイニーズ・バーで 1人きり
初めて イヴを過ごしてた

I'm in the Christmas memories
明日になれば
I'm in the Chrstmas memories
昔のことなど
I'm in the Christmas memories
忘れられそうよ
Christmas Christmas
Christmas

I'm in the Christmas memories
明日になれば
I'm in the Christmas memories
忘れられそうよ
I'm in the stardust memories
こわれた恋が
I'm in the stardust memories
輝やいて見える
I'm in the stardust memories
こわれた恋が
I'm in the stardust memories
輝やいて見える
小林明子の人気歌詞
恋におちて-Fall in Love-

もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに ...