桜 歌詞

歌:布施明

作詞:小渕 健太郎

作曲:黒田 俊介

※名もない花には名前を付けましょう
この世に一つしかない
冬の寒さに打ちひしがれないように
誰かの声でまた起き上がれるように※

土の中で眠る命のかたまり アスファルト押しのけて
会うたびにいつも 会えない時の寂しさ
分けあう二人 太陽と月のようで

実のならない花も 蕾のまま散る花も
あなたと誰かのこれからを 春の風を浴びて見てる

桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ
涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった
追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは
いつまでも変わることの無い
無くさないで 君の中に 咲く Love…

街の中見かけた君は寂しげに 人ごみに紛れてた
あの頃の 澄んだ瞳の奥の輝き 時の速さに汚されてしまわぬように

何も話さないで 言葉にならないはずさ
流した涙は雨となり 僕の心の傷いやす

人はみな 心の岸辺に 手放したくない花がある
それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる 一輪花
花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる
嵐 吹く 風に打たれても やまない雨は無いはずと

桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ
涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった
追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは
いつまでも変わることの無い
君の中に 僕の中に 咲く Love…

(※くり返し)
布施明の人気歌詞
君は薔薇より美しい

息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君 ...

マイ・ウェイ

今 船出が近づく この時に ふとたたず ...

積木の部屋

いつの間にか君と暮しはじめていた 西日 ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

これが青春だ

大きな空に 梯子(はしご)をかけて ...

落葉が雪に

人恋しさのあまり 書き始めた日記に ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど 清しいもの ...

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星も見えな ...

陽ざしの中で

坂道を下って 走り寄る君がいた 明け ...

カルチェラタンの雪

悪かった もう泣かせたりしない だから ...

たまらなくテイスティー

まるであなたは 二度目のヴィーナス 今 ...

貴様と俺

空に燃えてる でっかい太陽 腕にかかえ ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

少年よ

まるで透明になったみたい ぜんぶ 自分 ...

愛よその日まで

もしも今から百年が過ぎ ぼくらによく似 ...