ふたり花 歌詞

歌:藤あや子

作詞:三浦 康照

作曲:水森英夫

あなたのために 生れて来たの
かくれて泣いても 笑顔でいたい
辛いこの世の 雨や風
愛の陽ざしに 包まれながら
あなたの胸の 小枝でそっと
手を取り合うのよ ふたり花

疲れて帰る あなたをいつも
私の心で 慰めたいの
かわす眼と眼の 暖かさ
今の暮しで 幸せなのよ
明日の夢が 花咲く町を
探して生きたい ふたり花

あなたの愛に 甘えてばかり
たまには私を 叱ってほしい
涙なんかは 捨てました
どんな苦労も 分け合う人生に
かならず咲くわ 希望の花が
あなたと私の ふたり花
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...