木曽の恋唄 歌詞

歌:藤あや子

作詞:たきの えいじ

作曲:猪俣公章

木曽のナー御岳さん 夕陽の帯を
つけて川面に ゆれている
届いた便りの恋の文字
指でなぞって 空をみる
好きなあなたに 嫁ぐ日は
やがて木曽路は 雪の中

木曽のナー祭り唄が 心にしみる
はやくお嫁に 行けと云う
ふたりで揃いの 浴衣着て
乗ってみたいな 屋形舟
あなた恋しい こんな日は
すこしお酒を 飲みましょか

木曽のナー谷間に咲く こぶしの花よ
誰に想いを 告るやら
あなたと二人で 水いらず
暮らすその日を 待ちわびる
木曽を背にして 信濃路へ
やがて東京へ まいります
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...