あや子の幸せ小唄 歌詞

歌:藤あや子

作詞:浅倉 玲

作曲:聖川 湧

富士と言ったら日本一
高いお山の事だけど
富士も色々ありまして
あたし可憐な藤の花

花は花でもまだ固い
あたし蕾のつもりでも
人が言うには はやすには
お前とっくに花盛り

もしもそうならこの胸に
蝶の2匹や3匹は
飛んで止まっていいものを
悪い虫さえ飛んでこぬ

向いコタツで見つめ合い
さしつさされつ してるうち
肩を抱かれるいいとこで
今朝も夢から目がさめた

なってみたいの 幸せに
日本一とは言わないが
同じ呼び名にあやかって
富士のお山に手を合わす

富士のお山に手を合わす
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...