南国土佐を後にして 歌詞

歌:水森かおり

作詞:武政 英策

作曲:武政 英策

南国土佐を 後にして
都に来てから 幾歳ぞ
思い出します 故郷の友が
門出に歌った よさこい節を
土佐の高知の
ハリマヤ橋で
坊さんかんざし 買うをみた

月の浜辺で 焚火を囲み
しばしの娯楽の 一時を
私も自慢の 声張り上げて
歌うよ土佐の よさこい節を
みませ みせましょ
浦戸をあけて
月の名所は 桂浜

国の父さん 室戸の沖で
鯨釣ったと いう便り
私も負けずに 励んだあとで
歌うよ土佐の よさこい節を
いうたち いかんちゃ
おらんくの池にゃ
潮吹く魚が 泳ぎよる
よさこい よさこい
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...