男鹿半島 歌詞

歌:水森かおり

作詞:仁井谷 俊也

作曲:杜 奏太朗

汽車からバスに 乗り継いで
入道崎(にゅうどうざき)に 来たけれど…
突然終わった 恋のよに
岬はとぎれて 海になる
風に群れ飛ぶ 鴎より
小さな自分が 悲しくて…
水平線に 瞳(め)を移す
旅のみちのく 男鹿半島

素直にあなた 愛せたら
我儘(わがまま)言わず 甘えたら…
こころでどんなに 悔やんでも
昨日のふたりに 戻れない
空と海とを 染めてゆく
夕陽が 美しすぎるから…
思わず涙 溢(あふ)れます
女ひとりの 男鹿半島

窓の向こうの 漁火に
せつない残り火 また燃えて…
出せない手紙 書いてみる
旅のみちのく 男鹿半島
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...