孔雀 歌詞

歌:小林幸子

作詞:荒木 とよひさ

作曲:杉本 眞人

ひとりぼっちで歌ってた
郷里を離れた 小さなアパートで
夕やけ空の窓の向こうに
涙でちぎれた母の顔

あれは桜が咲いていた
アメリカ村の芝生の庭にも
兵隊さんの陽気な JAZZ が
幼なごころに哀しかった

歌うことは泣くことよりも
哀しいことだと知ったけど
みんな昔 昔のはなし
抱きしめたいほど 懐かしい

舞台はわたしの人生だけど
籠でさえずる鶯じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…倖せは…どこ?

ひとりぼっちで泣いていた
母の手紙を何度も読み返し
明日は帰ろう歌などやめて
カバンにつめこむ赤い靴

あれは小雪が降っていた
見知らぬ町のさびれた小劇場で
だるまストーブ抱えた指が
哀れなほどに真っ白だった

生きることは死ぬことよりも
切ないことだと知ったけど
それも昔 昔のはなし
抱きしめたいほど懐かしい

舞台はわたしの人生だけど
空を飛べない孔雀じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…青空は…どこ?

舞台はわたしの人生だけど
籠でさえずる鶯じゃない
舞台はわたしの生き方だけど
ラララ…ラララ…生き方だけど…

ラララ…ラララ…
ラララ…ラララ…
小林幸子の人気歌詞
おもいで酒

無理して飲んじゃいけないと 肩をやさし ...

とまり木

そぼふる雨なら 防げるけれど 冷たい心 ...

幸せ

夢なら醒める ああいつかは醒める 見な ...

雪椿

やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ...

千本桜

大胆不敵にハイカラ革命 磊々落々反戦国 ...

恋桜

春 乱れる 夜の桜坂 あなたが好き や ...

おんなの酒場

肩に小雨が 沁みる夜は 暦も昔に 舞い ...

悲しみの帳

ずっとそばにあると信じてた 夕影に微笑 ...

大江戸喧嘩花

月はおぼろに 川風夜風 浮かれ柳が 袖 ...

もしかして

もしかして…もしかして 笑わないで く ...

冬化粧

箸の袋に恋文を 書けば涙の 文字になる ...

ひと晩泊めてね

ひと晩泊めてね 明日になれば このまま ...

さよならありがとう

何度も泣きじゃくって 膝小僧すりむいて ...

風といっしょに

歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に ...

福寿草

やさしさに 負けてはだめよ 花のある ...

ポケットモンスター~風といっしょに~

歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に ...

越後絶唱

冬の越後は 涙も凍る まして子を持つ ...

泣かせ雨

あなたの心に 誰かいる 気づいた時には ...

茨の木

耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて ...