秋桜 歌詞

歌:香西かおり

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

淡紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
此頃涙脆くなった母が
庭先でひとつ咳をする
縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くりかえす
独言みたいに小さな声で
こんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさが浸みて来る
明日嫁ぐ私に苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと笑った

あれこれと思い出をたどったら
いつの日もひとりではなかったと
今更乍ら我がままな私に
唇かんでいます
明日への荷造りに手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし元気でと
何度も何度もくりかえす母
ありがとうの言葉をかみしめながら
生きてみます私なりに
こんな小春日和の穏やかな日は
もう少しあなたの
子供でいさせて下さい
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

恋慕川

泣いてすがった この手をほどき あなた ...

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言 ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命(さだめ ...

TOKIO千一夜

逢いたい逢えない いいえ逢いたい 溜め ...

やっかいもの

あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行 ...

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走って ...

新湊慕情

好きで添えない二人なら 何んで逢わせた ...

あなたへ

出会う事も恋におちる事も 思いもせずに ...

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の ...

くちなし悲歌(エレジー)

忘れていた 夢を見たのよ あなたに ま ...

浮寝草

好きになるのは 悲しいことと 知った ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

東京ブルース

泣いた女がバカなのか だました男が悪い ...

かおりの夢は夜ひらく

右へ曲がれという道を 左へ曲がって ...

春陽炎

桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 ...

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶 ...