とこしへ 歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

「とこしへ」とてのひらにそっと書いてみた
永遠や永久より遙かな匂いがした

あなたを想へば 僕の心に
浮かぶ言葉はいつも「とこしへ」
夏の暑さに 冬の寒さに
耐えて季節を待つ花のように

※いつの日か いつの日か
しあわせになれますように
つつましく おだやかに
暮らしてゆけますように※

「とこしへ」とてのひらにそっと握りしめた
悲しみや後悔が消えゆく匂いがした

過ぎ去った昨日を悔やまずに
まだ来ない明日を怖れずに
春の朝を 秋の夕べを
柔らかに過ごせますように

坂道を 坂道を
手を離さず歩き続けて
大切なあなたを
護ってゆけますように

(※くり返し)

とこしへに とこしへに
しあわせになれますように
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
長崎の空

歌:さだまさし

海風に乗せて汽笛が聞こえた 遠くで鐘の ...

償い

歌:さだまさし

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

建具屋カトーの決心

歌:さだまさし

建具屋カトーはこの頃 長いスランプにおち ...

初雪の頃

歌:さだまさし

初雪の頃 郷里を離れて あれから二つほど ...

ぬけみち

歌:さだまさし

※あなたのくれたぬけみちを くぐってそ ...

虹~ヒーロー~

歌:さだまさし

こんなにも長い間 何故歌って来たのだろう ...

僕にまかせてください

歌:さだまさし

きみはその手に花をかかえて 急な坂道( ...

夢の樹の下で

歌:さだまさし

夢の樹の下で 今夜あなたに会えたら 美 ...

つゆのあとさき

歌:さだまさし

一人歩きを始める 今日は君の卒業式 僕 ...

親父の一番長い日

歌:さだまさし

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時 ...

好敵手

歌:さだまさし

子供の頃のお前と俺は 何ともキラキラし ...

さだまさしの人気歌詞
関白宣言

お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事が ...

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会う ...

償い

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

雨やどり

それはまだ私が神様を信じなかった頃 9 ...

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えな ...

恋愛症候群

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける ...

まほろば

春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばか ...

道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のため ...

主人公

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

おさななじみ

おさななじみの 想い出は 青いレモンの ...

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました ...

戦友会

櫛の歯が欠けるように 仲間が減ってゆく ...

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂 ...

飛梅

心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目 ...

風に立つライオン

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった 何 ...

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まり ...

祈り

悲しい蒼さの 広い大空を 小さな鳥が一 ...

親父の一番長い日

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時 ...

奇跡 ~大きな愛のように~

どんなにせつなくても 必ず明日は来る ...

昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。

駅前旅館をバスが 出たのは8時5分 こ ...