精霊流し 歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

去年のあなたの想い出が
テープレコーダーから こぼれています
あなたのためにお友達も
集まってくれました
二人でこさえたおそろいの
浴衣も今夜は一人で着ます
線香花火が見えますか 空の上から

約束通りに あなたの愛した
レコードも一緒に流しましょう
そしてあなたの 舟のあとを
ついてゆきましょう

私の小さな弟が
何にも知らずに はしゃぎまわって
精霊流しが華やかに始まるのです

あの頃あなたがつま弾いた
ギターを私が奏(ひ)いてみました
いつの間にさびついた糸で
くすり指を切りました
あなたの愛した母さんの
今夜の着物は浅黄色
わずかの間に年老いて 寂しそうです

約束通りに あなたの嫌いな
涙は見せずに 過ごしましょう
そして黙って 舟のあとを
ついてゆきましょう

人ごみの中を縫う様に
静かに時間が通り過ぎます
あなたと私の人生をかばうみたいに

さだまさしについて

1973 グレープ(with吉田政美)としてシングル「雪の朝」でデビュー 1974 2ndシングル「精霊流し」が大ヒット 1976 グレープを解散しソロ活動を開始ソロ1st「線香花火」、アルバム「帰去来」発売 1979 「関白宣言」発売、社会現象となる大ヒットとなる以降、「防人の詩」「秋桜(コスモス)」「北の国から」「主人公」などヒット曲多数また、1987年より長崎で平和のためのコンサートを行う(毎年8月6日) 1998 テイチクに移籍 1999 NHK紅白歌合戦で全員合唱曲"A song for children"の日本語詞を担当。(曲:S・ワンダー) 2001 初の長編書き下ろし小説「精霊流し」(幻冬舎)発表 2002 3月21日 東京国際フォーラムホールAにてソロコンサート通算3000回達成
精霊流し のCD・楽譜
燦然會 ~コンサート3000回達成記念集會
【収録曲】・絵はがき坂道化師のソネット・Talk-1 挨拶・精霊流し無縁坂・Talk-2 青春の光と影・雨やどり・Talk-3 逆風・関白宣言・Talk-4 メンバー紹介~お父さん救済キャンペーン・勇気凛凛~故 加藤シヅエ先生に捧ぐ~・Talk-5 サクラサク・桜散る案山子檸檬防人の詩奇跡 ~大きな愛のように~小さな手主人公
償い~SONGS OF LIFE
【収録曲】・償い前夜(桃花鳥)祈り広島の空・フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-・セロ弾きのゴーシュ椎の実のママへ・孤独・極光・無縁坂精霊流し防人の詩
帰郷
【収録曲】・精霊流し交響楽無縁坂縁切寺・フレディもしくは三教街~ロシア租界にて~・僕にまかせてください関白宣言案山子秋桜転宅主人公不良少女白書
さだまさし 東大寺コンサートDVD
【収録曲】・東大寺別当・華厳宗管長 北河原公敬師 開演挨拶・天文学者になればよかった・トーク1 30年の時を隔てて・案山子主人公・トーク2 千載一遇・北の国から~遙かなる大地より~・トーク3 父のこと・精霊流し・フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-・トーク4 お松明とさだまさし
さだまさし 4000&4001回 in 日本武道館
【収録曲】・場内アナウンス・トーク1司会者登場・主人公・トーク2今日の楽曲抽選・精霊流し (with 吉田政美)・トーク3・しあわせについて・トーク4・償い・トーク5・雨やどり・トーク6・あなたが好きです

さだまさしの人気歌詞
関白宣言

お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事が ...

償い

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えな ...

案山子

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来 ...

風に立つライオン

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった 何 ...

北の国から

アーア アアアア アーアー アアー ア ...

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会う ...

まほろば

春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばか ...

恋愛症候群

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける ...

道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のため ...

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂 ...

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました ...

もうひとつの人生

別の人生が あったかも知れないと 鏡の ...

春告鳥

衣笠の古寺の侘助椿の たおやかに散りぬ ...

フレディもしくは三教街―ロシア租界にて―

フレディ あなたと出会ったのは 漢口 ...

主人公

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まり ...

防人の詩

おしえてください この世に生きとし生け ...

奇跡 ~大きな愛のように~

どんなにせつなくても 必ず明日は来る ...