祈り 歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

悲しい蒼さの 広い大空を
小さな鳥が一羽 海を目指してる
鳥を撃たないで 約束の町へ
ひたむきに羽ばたく夢を消さないで

誰もが時の流れに 傷つき疲れ あきらめそして
いつしか生まれた時の 溢れる程の愛を見失う

この町がかつて 燃え尽きた季節に
私達は誓った 繰りかえすまじと
生命を心を 奪い去ってゆく
ちからも言い訳も総て許せない
私は祈る以外に 知恵も力も 持たないけれど
短い花の生命を ささやかなこの愛で染めたい
さだまさしの人気歌詞
関白宣言

お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事が ...

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会う ...

償い

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

雨やどり

それはまだ私が神様を信じなかった頃 9 ...

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えな ...

恋愛症候群

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける ...

まほろば

春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばか ...

道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のため ...

主人公

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

おさななじみ

おさななじみの 想い出は 青いレモンの ...

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました ...

戦友会

櫛の歯が欠けるように 仲間が減ってゆく ...

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂 ...

飛梅

心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目 ...

風に立つライオン

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった 何 ...

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まり ...

親父の一番長い日

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時 ...

奇跡 ~大きな愛のように~

どんなにせつなくても 必ず明日は来る ...

昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。

駅前旅館をバスが 出たのは8時5分 こ ...