冬の空 歌詞

歌:音速ライン

作詞:藤井 敬之

作曲:藤井 敬之

夏の思い出さらさらと 音もたてずに色褪せて
君に贈った花模様 答えもせずに空回る

※冬の空 見上げた空 移ろう日々を笑い合って
僕はいつも 胸の中で 君の言葉をさらう
形のない明日を越え 長い道のりを走る
いつの日にか出会った空 君の言葉を探す旅を※

突然のさよならは 夕暮れ間近の雨になり
降りそそぐ 僕達のからっぽな心を満たすように

(※くり返し)

忘れないで 今は一人 歩き出せる そんな詩を
恐れないで 君が一人 歩き出せる そんな詩を
音速ラインの人気歌詞
半分花

どこまでも どこまでも 君と変わらず生 ...

恋うた

あの日の言葉が夢になり 惑わす想いが空 ...

ハイスクール ララバイ

とにかくとびきりの美少女さ うかつに近 ...

真昼の月

いつか見た映画のように 君と出会った ...

恋の魔法

凍りつく夜の闇を 切り裂くような夢の終 ...

逢いたい

涙の理由も聞かずに あとほんの少しで僕 ...

スナフ

あこがれだけじゃ たどりつけない この ...

大切な人

歩き出す道は遠く 瞼の空に恋を知り 気 ...

ポラリスの涙

抑えきれない胸が痛む 抱えきれない夢の ...

花かんざし

水たまり 青い空 待ちわびた午後に咲い ...

ロレッタ

サヨナラは一度だけど 傘もささず雨に濡 ...

逢瀬川

アスファルト 濡らす雨音 途切れない ...

青春色

君なしじゃ僕は... 終わらない夏 ...

打ち上げ花火

いつか忘れてしまうのかな? 君にもらっ ...