家路 歌詞

歌:浜田省吾

作詞:浜田省吾

作曲:浜田省吾

青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし
この人生が 何処へ俺を導くのか尋ねてみる
手に入れた形あるもの やがて失うのに
人はそれを夢と名付け 迷いの中さまよう

そして女達は愛という名のもとに
俺を上と下に引き裂いた
だけど今でも信じている
心のすべてを奪い去るような真実の愛

悲しみ果てしなく風は夜毎冷たく
人は去り人は来る でも気付けば
道標もない道に一人

そして夜が明けたらまた生きてくために
生活(くらし)を背負って歩き出す
疲れた体 次第に何も
聞こえなくなる 感じなくなる だけど

どんなに遠くてもたどり着いてみせる
石のような孤独を道連れに
空とこの道出会う場所へ

青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし

どんなに遠くてもたどり着いてみせる
時のはざまにいつの日か
魂を解き放って
どんなに遠くてもたどり着いてみせる
石のような孤独を道連れに
空とこの道出会う場所へ

浜田省吾について

1974年、バンド「愛奴」を結成。吉田拓郎のバックミュージシャンとして活躍。翌年脱退し、1976年アルバム『生まれたところを遠く離れて』、シングル「路地裏の少年」でデビュー。以降、若者たちのカリスマ的存在に。代表曲は「もう一つの土曜日」「J・BOY」など。1992年のドラマ「愛という名のもとに」の主題歌「悲しみは雪のように」はミリオンセラーに。
家路 のCD・楽譜
ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”(完全生産限定盤) [Blu-ray]
【収録曲】・J.Boy Mix 2011・On The Roadこの夜に乾杯!・Hello Rock & Roll City・恋は魔法さ独立記念日反抗期悲しみは雪のように・風を感じて・Thank you・My Old 50's Guitar・Money愛のかけひき片想いもうひとつの土曜日裸の王達詩人の鐘・Theme of Father's Son -遥かなる我家・Rising Sun -風の勲章・J.Boy僕と彼女と週末に愛の世代の前に・“On The Road” Time Machine・光と影の季節モノクロームの虹終りなき疾走・君がいるところが My Sweet Home・I am a Father路地裏の少年家路日はまた昇る・君が人生の時…・桜 (Instrumental)
ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend” [Blu-ray]
【収録曲】・J.Boy Mix 2011・On The Roadこの夜に乾杯!・Hello Rock & Roll City・独立記念日反抗期悲しみは雪のように・風を感じて・My Old 50's Guitar・Moneyあれから二人Pain・Blood Line -フェンスの向こうの星条旗・我が心のマリア・A New Style War裸の王達詩人の鐘・Theme of Father's Son -遥かなる我家・Rising Sun -風の勲章・J.Boy僕と彼女と週末に愛の世代の前に・“On The Road” Time Machine・光と影の季節モノクロームの虹終りなき疾走・君がいるところが My Sweet Home・I am a Father路地裏の少年家路日はまた昇る・君が人生の時…・桜 (Instrumental)

浜田省吾の人気歌詞
もうひとつの土曜日

昨夜 眠れずに泣いていたんだろう? 彼 ...

MONEY

この町のメインストリート 僅か数百メート ...

悲しみは雪のように

君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜に ...

J.BOY

仕事終りのベルに とらわれの心と体 取 ...

片想い

あの人のことなど もう忘れたいよ だっ ...

君に会うまでは

腕組み歩くよ 夜の町 二人 踊り疲れて ...

I am a father

額が床に付くくらい 頭を下げ毎日働いて ...

愛という名のもとに

ごらん 街の灯りが消えて行くよ もうす ...

MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ-

あの娘乗せた翼 夜空へ消えてく 空港の ...

路地裏の少年

真夜中の校舎の白い壁に 訣別の詩 刻み ...

AMERICA

ロスから サンフランシスコへ 続くフリー ...

丘の上の愛

笑顔ひとつで 君はどんな恋でもたやすく ...

愛の世代の前に

愛の世代の前の暴風雨の中 すりかえられ ...

風を感じて ~Easy to be happy~

ブルー レッド イエロー スクランブル交 ...

19のままさ

予備校の湿っぽい廊下で あの娘を見つけ ...

陽のあたる場所

寂しさに たやすく恋に落ちた 二人の夜 ...

初恋

海辺の田舎町 10歳の頃 ラジオから流 ...

君が人生の時

激しく寄せては 引いてゆく波よ 時は無 ...

君の名を呼ぶ

火の中に飛び込むような恋 愚かだとわか ...