月と走りながら 歌詞

歌:坂本真綾

作詞:浜崎貴司

作曲:浜崎貴司

夏の匂いを 忘れるような
秋の気配に 包まれる夜
駅のホームで 今日はお別れ
ふたり階段 昇る手前で

言葉はうつむいて ぎこちない「おやすみ」
伝えきれぬ 心をまた置き去りに

最終電車が来るまでの あと数分間
「月が今夜は綺麗ね」と 勇気のないセリフ
終わる季節を眺め
「好き」と言えぬ私

何でも話せる 付き合いだから
変わり壊れる 事を恐れる

目の前の車内に 乗り込んで「サヨナラ」
閉まる扉 ガラス越し見せる笑顔

最終電車が動き出し 今日もまた
「これで良かった」と独り言 口にしないセリフ
触る微熱を抑え
月と走りながら 募る想いのまま 「好き」と言えぬ私
坂本真綾の人気歌詞
色彩

ひとりになると聞こえるの 苦しいならやめ ...

Honey bunny

ちゃんとこっちを向いて 機嫌直してよハ ...

夜明けのオクターブ

キツツキはウソツキだから気をつけて キ ...

プラチナ

I'm a dreamer ひそむパワー ...

ソラヲミロ

空を見ろ 破れた靴も夢もそのまま やせ ...

ロードムービー

ねぇ ひとつだけ選ぶなら どんな思い出 ...

スクラップ~別れの詩

これが悲しい出来事ならば やがて棄て去る ...

I.D.

感じてたことさ ずっとずっと前から ...

Driving in the silence

きみを好きになることは 自分を好きにな ...

Light of love

※その瞳をひらいて あなただけを照らし ...

Be mine!

Be mine! あらがえない欲望にk ...

見えるか友よ 渇きに耐えて歩く群れが ...

レプリカ

ひとしずく落ちた 水の感触 僕は泣いて ...

ヘミソフィア

それでもいったいこの僕に何が出来るって言 ...

ともだち

どうしてるかな あなたのこと つめたい ...

Remedy

丘の上から見渡してたら 懐かしくて泣きそ ...

サンクチュアリ

遠くなる指先めがけて 何度も 何度も  ...

今年いちばん

歩こう 長い夜の ほんの短い夢 あつい ...

たとえばリンゴが手に落ちるように

たとえば 冬のつぎ 春がくるように リ ...

極夜

朝目覚めるとすぐ あなたのこと思い出して ...