坂の途中の病院 歌詞

歌:森山直太朗

作詞:森山直太朗

作曲:御徒町 凧

坂の途中の病院の患者さんは
主に夏の亡霊たち
彼らは慢性のアトピーを治すために
ニンニクの首飾りをして
月のカケラの靴を履いている
早起きが苦手な彼らは
診察の日は機嫌が悪い
(この病院の診察時間は朝の九時までなのだ!)

坂の途中の病院の院長先生は
白衣の似合う初老の紳士
彼はギャンブルとアンチョビには目がなくて
聴診器の中にラジオを仕込んでいる
薬の調合をダーツで決めて
天気が悪いと嘘の診察をする
だけどこの辺りには他に病院がないから
坂の途中の病院は今日も大忙し
院長先生は去年のクリスマスに
三台目のキャデラックを購入した

坂の途中の病院に起こった
幾つかの忌まわしき出来事
その話題に触れた者は たとえ誰であろうと
始めからこの世に
いなかったことにされてしまう
総理大臣だろうと掃除のおばちゃんだろうと
そこに区別は存在しなくって
ある意味で平等だと言えることが
坂の途中の病院らしさでもあるから不思議
今夜も捨てられた猫が
どこからともなく集まってくる
眠れないほどの鳴き声なのに
「鳴き声で眠れない」なんて
苦情を言う人間(ひと)は誰一人いないんだってさ

坂の途中の病院は良心的で有名
看護婦さんたちはとっても丁寧で
忘れ物をしたって真夜中だって
家まで届けてくれる
子供の飛ばした鼻糞だって
届けてしまうこともあるくらい
水道水と部屋の温度は
いつでも患者さんの体温と
同じにしてあって
あんまり長い間そこにいると
自分の存在さえ忘れてしまうくらいなんだ

坂の途中の病院にまつわる四つの噂
一つ目の噂は
二つ目の噂が真実だってこと
二つ目の噂は
三つ目の噂が出鱈目だってこと
三つ目の噂は
四つ目の噂が本当は五つ目の噂だってこと
四つ目の噂は
一つ目の噂が気紛れだってこと
坂の途中の病院は今日も大忙し

待合室に漂っている
バニラビーンズの香りは
昔、行方不明になった友達が住んでいた
ボロアパートの匂いによく似ている
診察待ちの列に紛れ込んだ羊たちの群れが
そこをいつまでもいつまでも
来る日も明くる日も
楽園だと思い込んでいる

飽きもせず定期健診
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
また会えるかな

歌:Mr.Children

また会えるかな また会えるかな ほら僕 ...

森山直太朗の人気歌詞
生きてることが辛いなら

生きてることが辛いなら いっそ小さく死 ...

広がる空に 僕は今 思い馳せ 肌の温も ...

さくら(独唱)

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々 ...

うんこ

さっきまで体の中にいたのに 出てき ...

夏の終わり

水芭蕉揺れる畦道 肩並べ夢を紡いだ 流 ...

することないから

ねぇミチコ することないからセックスしよ ...

愛し君へ

いっそ 抱きしめて 抱きしめて 離さな ...

生きとし生ける物へ

やがて涙は渇くとて 風に吹かれちゃいら ...

高校3年生

授業中気が付くと 君の背中いつも見ていた ...

運命の人

昨日撮った君の写真が 懐かしく思えた ...

形あるものすべて 色褪せてゆくけれど ...

どうしてそのシャツ選んだの

ヘイ ミスタータンブリンマン タンブリ ...

二人の影が長く伸びた 夕暮れの帰り道 ...

レスター

夕方四時 また寝過ごしてしまったようで ...

金色の空

そうやってまたひとり部屋に籠り 移ろう陽 ...

あなたが眠る場所へ あなたが眠る場所へ ...

コンビニの趙さん

うららうらうら 春うらら サンダルの音 ...

知らないことが多すぎる

知らないことが多すぎる 明日の天気 ...

君が溢れてる

今はどこにあるの 過去はどこにあるの ...