青春の詩 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

喫茶店に彼女とふたりで入って
コーヒーを注文すること
ああ それが青春

映画館に彼女とふたりで入って
彼女の手をにぎること
ああ それが青春

繁華街で前を行く いかした女の娘を
ひっかけること
ああ それが青春

すてきな女に口もきけないで
ラブレターを書いたりすること
ああ それが青春

Go Go クラブで汗だくになって
踊り疲れること
ああ それが青春

グループサウンズに
熱中して大声あげ叫ぶこと
ああ それが青春

フォークソングにしびれてしまって
反戦歌をうたうこと
ああ それが青春

SEX を知りはじめて
大人になったと大よろこびすること
ああ それが青春

親にかくれて 酒・タバコ・睡眠薬
はては接着剤 シンナー遊び
ああ それも青春

アルバイトばっかりで
学校へは行かず てきとうにやること
ああ それが青春

飛行機のっとり革命叫び
血と汗にまみれること
ああ それが青春

勉強一筋 他には目もくれず
わが道を行くこと
ああ それが青春

スポーツこそ 男の根性づくりだ
やれサッカー やれ野球
一年中まっ黒 それが青春

かっこいいスーツ かっこいい車
プレイボーイ プレイガールと 呼ばれること
ああ それが青春

パチンコ・マージャン・競輪・競馬
かけごと専門のギャンブラー
ああ それが青春

一日中を 規則通りに生きて
他に何んにもしないこと
ああ それが青春

ジュリー! ショーケン!
キンチャン!
ああ それが青春

孤独になって ひとりで悩み
ひとりで考えること
ああ それが青春

自由気ままに思った通り
何んでもやってみること
ああ それが青春

さて青春とは いったい何んだろう
その答えは人それぞれで ちがうだろう

ただひとつこれだけは 言えるだろう
僕たちは大人より 時間が多い

大人よりたくさんの 時間を持ってる
大人があと30年 生きるなら

僕たちはあと50年 生きるだろう
この貴重なひとときを 僕たちは

何かをしないでは いられない
この貴重なひとときを 僕たちは

青春と呼んでも いいだろう
青春は二度とは 帰ってこない

皆さん青春を…
今このひとときも 僕の青春
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
me me she

歌:RADWIMPS

僕を光らせて君を曇らせた この恋に僕ら ...

ちっぽけな感傷

歌:山口百恵

もちろん出来ないことだけど あなたを嫌 ...

GO

歌:BUMP OF CHICKEN

歩くのが下手って気付いた ぶつかってばか ...

Lamb.

歌:GARNiDELiA

『会いたい』に隠れた本性 気づかないと ...

明日、キミと手をつなぐよ

歌:ももちひろこ

キミが見えなくなる ボクら坂道の途中 ...

雨と泪

歌:ゆず

そんなに泣かなくていいんだ そばにいるよ ...

愛、テキサス

歌:山下智久

爪を噛む仕草が記憶に影を落とす 悲しい ...

caribou

歌:米津玄師

ねぇ、あなたの言うことは思慮深すぎて惚れ ...

予感

歌:Dir en grey

ウワベだけで今も 君を弄んでる 君は何 ...

MAY FAIR

歌:GLAY

May Fair 風は薫る 色づく季節見 ...

今日を壊せ

歌:熊木杏里

穏やかになったね なんてさ 言われると ...

吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...