大阪行きは何番ホーム 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

19の頃だったと思うけれど
家を出る事に夢をたくして
1人きりで暮らしてみようと
希望に満ちていた時があった

たとえ都会の片隅であろうとも
何かが起こりそうな気がして
後ろ髪をひかれる想いを
明日のために絶ち切ってしまった

恋に破れるむなしさで
酒におぼれてしまった事もある
人を信じるはかなさが
心の形を少し変えてしまった

愛をむさぼる気持ちのまま
1人の女との生活が始まり
幸福という仮の住いに
子供の泣き声まで加わっていた

外の景色が変わって行く中で
人とのかかわりがわずらわしくなり
1人の男であった筈だと
真実を隠したまま旅に出た

家を捨てたんじゃなかったのか
家を捨てたんじゃなかったのか

自然である事の不自然さは
流行という名にもみ消され
流されるままにたどり着いたのは
新しい女とのめぐり会いだった

女は男より賢かったけれど
男は愚かさに身を任すだけ
何故愛したのかと問われても
ただ押し黙るだけになっていた

この世の中に美しさがあるのなら
きれいな事の方を選ぼうと
やさしさや思いやりを投げ出して
二人は違う旅に出て行った

家を捨てたんじゃなかったのか
家を捨てたんじゃなかったのか

今 東京駅に立ち尽す僕は
長すぎる人生の繰り返しと同じ
大阪行きの電車は何番ホーム
繰り返し 繰り返し 旅に出ている
吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...